出会い系

スムーズかつ円満に別れるために…パターン別彼女との別れ話の切り出し方

円満でスムーズな別れ方
僕にはまだ彼女はいないけど、やっぱり新しい出会いを探すとなると、付き合ってる彼女と別れることにもなると思うんだ…。
だからこそ円満に関係を終わらせるために、彼女との別れ話の切り出し方を今から学んでおきたいんだよ!
どんだけ先を見据えているんだい。
まあ知っておいて損はないことだとは思うよ…?

「彼女との関係をできるだけ円満に終わらせたい」
「彼女と別れたいけど、どう別れ話を切り出せばいいかわからない…」

現在交際している男性の中にも、こういった悩みを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
彼女との関係を終わらせたくても上手く話をまとめるのはなかなか難しいですし、いざとなると彼女の気持ちも考えてしまってどう切り出せばいいのかわからなくなってしまいますよね。

そんな別れ話を切り出す踏ん切りをつけたいという方のために、今回は彼女との別れ話の切り出し方について解説していきます。
円満に関係を終わらせるための参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • 彼女と円満に別れるために、まずはお互いの関係性を確認しておこう!
  • 別れ話は直接切り出し、自分の気持ちを正直にぶつけよう!
  • 自然消滅やフェードアウトはタブー!お相手の気持ちも考えて別れ話を進めよう!
それじゃあ今回は彼女との別れ話の切り出し方を考えていこう!
私も女性側として協力するよ!
2人ともありがとう!

関係次第で別れやすさが異なる!あなたと彼女の関係性を把握しておこう!

別れ話を切り出す前に、まずは確認しておかなきゃならないポイントがあるんだ。
確認しなきゃいけないポイント?

別れ話を切り出す前に確認しておくべきポイント、それはお互いの関係性です。

現在のお互いの関係次第で、別れる難易度は変わってきます。
例えばお互いに好意が冷めている関係なら比較的すぐに別れることができますが、逆にまだ相手が強い行為を抱いている場合だと、別れ話がスムーズに進まなくなってしまいます。

むやみに別れ話を切り出しても、話がまとまらなければ意味がありません。それどころか、場合によっては思わぬトラブルにまで発展してしまう恐れもあります。

そんなことにならないためにも、また円滑に別れ話を進めるためにも、まずはお互いの関係性を把握しておくことが重要なのです。

逆の立場に立って考えるといいかも!
自分はまだ相手の事が好きなのに、彼女からいきなり別れ話を振られたら困っちゃうもんね…!
たしかにそうかも…!
そう考えると関係性の確認は重要なんだね…!
相手の好感度によって意識するポイントも変わるから、それについてもしっかり把握しておこう!

この記事を読んでいる方のお相手に対する気持ちは、おそらくほぼ冷め切っている状態だと考えられます。
したがって、ここでいうお互いの関係性は、女性側の好感度の大きさによって変化することになります。

相手の好感度の強さは、以下のような三段階に分けて考えることができます。
お相手の好感度がどのくらいに属するのかを把握して、スムーズに別れ話を進められるように、それぞれの注意点をよく確認しておきましょう。

お互いの関係性レベル
  • お互いに冷め切っているのがわかっている場合
  • 相手が自分に対して、まだ多少の好意を抱いている場合
  • 相手がまだ自分にベタ惚れの場合

お互いに何となく冷め切っているのがわかっている場合

まずはお互いに冷め切ってる場合。
この場合は割とスムーズに別れ話を進める事ができるよ!

3つの関係性のうち、一番難易度が低いのがこの状態です。
関係としてはもう末期の状態ですので、あとはどちらかが別れ話を切り出すだけで、さほど大きな問題を引きずることもなく関係を終わらせることができます。

関係をこじらせずに円満に解決することができますが、お互いに冷め切っている状態なので、相手の嫌なことが目につきやすい状態にあるということには注意しましょう。
一度不満が爆発してヒートアップしてしまうと、ギスギスしたままケンカ別れで終わってしまいかねません。

波風を絶たせずにお互いがスッキリ別れるためにも、簡潔かつ冷静に別れ話を切り出すようにしましょう。

この状態だと、女の子も何となく別れ話が来るのを待っているのかも。
別れ話って自分からは言い出しにくいものだしね…。
お互いが新しい一歩を踏み出すためにも、望みがないようなら早めに別れることが吉かもしれないね!
ポイント!

比較的円満に別れ話を進められるが、お互いが簡単に火が付きやすい状態にあることに注意!落ち着いて簡潔に別れ話を切り出すようにしよう!

相手が自分に対して、まだ多少の好意を抱いている場合

次はお相手がまだあなたに多少の行為を抱いている場合。
難易度は上がるけど説得次第では何とかなるかもしれないよ!

続いては、お相手がまだあなたに対して多少の好意を抱いている場合です。
相手が好意を持ってくれていることから申し訳なさが勝ってしまい、なかなか別れを切り出せずに困っているという方も多いのではないでしょうか?

この状態の場合、説得次第ではスムーズに別れることができますが、上手く話しを進めないと思うような結果を得られない場合もあります。

なぜ自分が別れたいのかを正直に話して、もうこれ以上交際を続けられないことをきちんと説明するようにしましょう。
その場合、メールや電話等で一方的に別れを告げるのではなく、直接説得をして誠実な姿勢を見せることが大切です。

誠意と筋を通して、お互いが納得のいく別れ話を心がけるようにしましょう。

好意を持ってくれてるから心は痛むけど、冷めた気持ちはどうしようもないから難しいよね…!
でもやっぱりいきなり別れを告げられるのは困っちゃうよね…!
ゆっくり話し合って、お互いの気持ちを整理するのがいいのかな?
場合によっては相手の恋が再熱する可能性もあるから、慎重に話を進めるようにしよう!
ポイント!

いかに相手を説得できるかが鍵!
自分の正直な気持ちを、直接相手に話すようにしよう!

相手がまだ自分にベタ惚れの場合

一番厄介なのが、お相手の好意がとても強い場合だよ。
別れ話をしても、なかなか別れることは難しいかもしれないね。

お相手がまだあなたにぞっこんである場合、正面から別れ話を切り出しても、円滑に関係を終わらせることは困難かと思われます。
お相手のあなたに対する気持ちも強いため、どんなに説得しても納得してもらえない可能性が高いのです。

かと言って一方的に別れを告げたり、自然消滅を狙ったとしても、きちんと別れることはできません。
相手にとっては納得のいかない状態のままですし、最悪の場合相手がストーカー化する危険性もあります。

こういった場合は正攻法で正面から話をしてもも難しいかと思うので、できるだけ時間をかけていくことになります。
連絡や会う頻度を徐々に減らしていき、相手の熱が冷めてきたところを狙って最後に別れ話を切り出すのが一番無難な方法です。

今すぐ別れるというのは望みにくいので時間はかかってしまいますが、円満に関係を終わらせるためにも根気よく解決していきましょう。

愛が重すぎるのも、人によってはプレッシャーになっちゃうもんなぁ…。
でも、好きな気持ちは簡単には抑えられないから難しいね…。
惚れやすい性格の子だったりすると特にね…!
相手の気持ちを尊重することも大事だよ!
別れるときはできるだけ相手の話も聞いてあげるようにしよう!
ポイント!

今すぐ別れるのはほぼ不可能!
後腐れなく別れたいなら、時間をかけて相手の熱が冷めるのを待とう!

円滑に話を進めるために…!別れ話を切り出すときの注意点を踏まえておこう!

さて、次は別れ話を進める際の注意点についてみていこう!

いざ別れ話を切り出そうにも、闇雲に話しだしてしまってはスムーズに別れを告げることはできません。
特にお相手にまだ好意がある場合は、お相手を上手く説得しなけれなならないので、勢いに任せ過ぎてしまうと円満に終わらせることはおろか、逆に失敗に終わってしまう場合さえあります。

そうならないためにも、別れ話を切り出すときは以下のポイントを踏まえることが重要です。
これで終わりだからと別れをないがしろにするのではなく、相手の気持ちも尊重するようにしましょう。

別れを切り出す際の注意点
  • 別れ話は直接切り出そう!
  • 自分の気持ちを正直に相手にぶつけよう!
  • 自然消滅やフェードアウトは避けよう!
別れ話をする際にもいくつかポイントがあるんだね!
どれも相手の女性の気持ちを考えた注意点になるね!
全部守れば誠実な姿勢を見せることができそう!

別れ話は直接切り出そう!

1つ目のポイントは別れ話は直接するということ!
誠意や気持ちが相手に伝わりやすいんだ!

別れ話をする際は、お相手と直接会って話を進めるようにしましょう。

よく電話やメール、LINE等を介して別れを告げる方がいらっしゃいますが、その方法は避けたほうが無難です。
なぜなら、電話やメールでは一方的になってしまうため、相手を納得させることが難しいからです。
こちらは分かれてスッキリできても相手は腑に落ちないままなので、その後の関係にしこりを残してしまいかねません。

円満に関係を終わらせたいなら間接的に別れを告げるのではなく、直接別れ話を切り出すようにするのがおすすめです。
そのほうが、お相手に誠意や気持ちも伝わりやすいので、話もスムーズに進めることができます。
電話やメールで「話がある」と呼び出して、直接会ってから別れを告げるようにしましょう。

確かに一方的に別れを告げられるよりは、直接話してもらいたいかな…!
でも、場合によっては無理に直接話すことにこだわる必要もないんだ。
相手が電話でいいと言ってくれたら、そのまま話を進めるようにしよう!
ちなみに別れ話をするならどういうところが良いのかな?

別れ話をするなら、多少人目のある公園のベンチやカフェがおすすめです。

人目があるとそういった重い話はなかなかしづらいとは思います。
しかし、逆に他人の目があることで、お互いが感情的になるのを押さえることができるのです。

お相手を説得するには、冷静に話を聞いてもらうことが重要です。
別れ話をするなら、落ち着いた雰囲気かつ冷静になれるような場所を選ぶようにしましょう。

自分の気持ちを正直に相手にぶつけよう!

2つ目のポイントは、なぜ別れたいのかを正直に話すことだよ!

下手に変なウソをついて、自分の気持ちをきちんと伝えられなくなってしまうと、別れることも難しくなってしまいます。
「どうして別れたいのか」、「なにが原因で気持ちが冷めてしまったのか」を、お相手が納得いく形で説明することが大切です。
別れ話をするときは、自分の気持ちを正直に相手にぶつけるようにしましょう。

ただし、たとえ相手に原因があったとしても、相手を責めるようにすることは避けた方が良いです。
相手の性格や行動等に問題があったとしても、そればかりを責めてしまっては、余計に相手を傷つけてしまうことになります。
その結果感情的になってしまっては、円満に解決することは困難になってしまいます。

たとえ相手側に原因があったとしても、あくまでも「自分の気持ちが冷めてしまったことが原因である」というスタンスで別れ話を進めるようにしましょう。

相手を必要以上に傷つけないことも、円満に別れるためのポイントだよ!
女性としては原因が知りたいところだけど、別れ話を切り出されてただでさえショックを受けてるからね。
深く傷つくのはもっとつらいよ…。
女性を思いやる気持ちは、最後まで忘れちゃいけないってことだね!

自然消滅やフェードアウトは避けよう!

たとえ冷め切った関係であっても、自然消滅やフェードアウトを狙うのは避けるようにしよう!
これが最後のポイントだよ!

別れ話をするわけでもなく何となく関係が終了する、自然消滅やフェードアウトというような別れ方がありますが、それは絶対に避けるようにしましょう。
なぜなら、なあなあになった状態がいつまでも続いて区切りがつかないうえ、関係が終了した後も後腐れしか残らないからです。

特に、お相手がまだあなたに対して好意を抱いている場合、お相手や第三者からのあなたへの印象は最悪になってしまいます。
狭いコミュニティでの付き合いだったり、これから会う可能性もあるのなら関係がギクシャクしてしまいかねないので、自然消滅やフェードアウトは絶対に避けるべきです。

どんなに冷め切った関係であっても、けじめをつけて交際をきっぱり終わらせることは何よりも大切です。
お互いが踏ん切りをつけて、新たな出会いに向かって進めるようになるためにも、交際のピリオドはしっかり打つようにしましょう。

これは絶対に避けるべき!
一方的に別れを告げられるよりも煮え切らない思いが続くからね…!
男なら交際の終わりにもきちんと誠意を見せるべきだね!
何事にもけじめは必要だからね。
時間がかかってもお互いがスッキリできるように別れるのが一番だよ。

彼女と円満に別れたいなら「誠実さ」を忘れずに!お相手の気持ちも尊重して別れ話を切り出そう!

今回のポイント!
  • 彼女と円満に別れるために、まずはお互いの関係性を確認しておこう!
  • 別れ話は直接切り出し、自分の気持ちを正直にぶつけよう!
  • 自然消滅やフェードアウトはタブー!お相手の気持ちも考えて別れ話を進めよう!

今回は、スムーズかつ円満に彼女と別れる方法について解説してきました。

円滑に別れ話を進めるためには、まずあなたに対するお相手の好感度を確認する必要があります。
その後、その好感度のほどに合わせて、別れ話の切り出し方を変えていくことになります。

しかし、どんな関係性であっても「誠実さ」は忘れてはいけません。
お相手に責任を押し付けたり、一方的に別れを告げることのないよう、女性の気持ちも尊重して別れ話を切り出しましょう。

以上、「スムーズかつ円満に別れるために…パターン別彼女との別れ話の切り出し方」でした!

今回はちょっと重い内容になっちゃったけど、別れ話を切り出すなら、相手の気持ちも思いやることを忘れないようにしてほしいな!
別れ話を振られるだけでショックは強いから、円満に別れるためにも、女性を必要以上に傷つけてあげないようにするのがいいね!
お互いが関係にしっかり区切りをつけて、新しい出会いに踏み出せるように、納得のいく別れができるといいな!
ABOUT ME
博士
マッチングアプリ歴は相当なものです。